2008年09月14日

共通認識と共感覚

こないだテレビを見てたら、「脳の不思議」みたいな特集で
数字に対する共感覚を持った人のことを扱ってました。

共感覚とは、例えば絵を見て音を感じるとか、音に臭いを感じるとか
「映像-視覚」「音声-聴覚」と1対1となるところを
別の感覚で捉えることのようです。

先述の番組でレポートされていた方は
数字から図形やストーリーを思い浮かべるそうで
五感の間での共有というよりは
左脳、右脳での情報共有が根底にあるようでした。

いや、このへんの話はまったく素人なので間違ってるかもしれませんが。

音楽を聴いて色を感じたり映像を感じる人は僕の周囲では意外に多く、
その点で共感覚というものは不思議ではなかったのですが
今回の「数字から」という話を聞いて
改めて世界の捉え方にはいろいろ可能性があるんだなぁと。

以前友人に
「音程は7度とかそれ以上の距離になると離れ過ぎて不安だから
 間に何かしら音を入れたくなる(5度音程以下にしたくなる)」
とか
「耳も目も、もともとは皮膚感覚から生まれたものだから
 どの周波数でどんな音波を描くかによって
(空間を周波数で区切ることで)
 音楽は耳に映像を感じさせているのではないか」
とか言ってみたことがあったけど、
どうやら僕のそうした発想はまだまだ浅かったのだなあ。

「ミツバチは花の蜜の場所が分かるような色で花を見ている」
「タカの目には上空から地表の野ネズミを捉えるズーム機能がある」

とか、動物が生きるために持っている力については聞いたことがあるけど
人間が共通して持っている認識と別の捉え方も存在し、
その捉え方はまさに個々様々になる可能性があるなあと。

子供のころから思ってたけど、いわゆる「色盲」って言葉は嫌いです。
その人にとってはそう見えるのだからいいじゃないと。
メガネも「その人の見え方」を「みんなが見えている見え方」に
補正をかけているわけですしね。


こんなワタシなので、「天地が逆さに見えるメガネ」があったとしても、
始めは「きもちわり〜」と言いながら
数時間後には涼しい顔で着用してそうです。


posted by イニ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

ついにバンドに加入しました

かねてから新バンドを結成しようか加入しようかと模索してましたが…

ついに加入しました。
メインは男性ヴォーカルです(ピアノも弾いちゃいます)。
やっぱり、いい曲書けるヴォーカリストはいいですね。
一緒にやってて可能性を感じる。
自分自身もさらに磨きあげる必要性を感じる。
集まったメンバーもなかなかのもので、
今日のリハではキメのリズムを、
そりゃもうダダダと、「ダ」一年分くらい熱く語りましたよ。


ということでこのバンド、SOUTH LINE TRIPPERSといいます。
初ライブは11/1に決定!
代々木cure*Mというライブバーでの演奏です。
本番まで2か月前ということで、詳細はまた後ほど。

いつも本気だけど、今回はさらに気合い入れて臨みますよ〜。
(リハでのうっかりも減らします、はい。)

文字ばっかしもさみしいので、読みかけの本。
いろんな意味で切ない(値札とか)。

img198.jpg
posted by イニ at 01:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

おといれしてきました。

おといれしてきました。

都内某所でのレコーディング。
サポートしているneco★さんのCDに収録する曲のうち、2曲分のベースを録音してきましたよ。

(ほんとは昨日までにあった様々な出来事も記事にしたいんですが
 あの、雨とか雷雨とか○リラ豪雨とかあってめんど…大変疲労しまして)

ええ、都内某所。
昼から夜にかけてのレコーディングということで
夕方おなかがへるだろうな〜という予想はありましたが
近くにコンビニやらお弁当屋さんやらいろいろあったので
不安にはならずにスタジオ直行。

(私、おなかがすくと大変なんです。機嫌が。)

レコーディングの作業としては、もちろん演奏したり歌ったりというのがメインですが
録音するためのさまざまな準備がありまして。
とりわけ重要なのが「マイキング」。
あのマイクの立て方一つで音がいろいろ変わってしまうのです。
だからとりわけ、点数の多いドラムのセッティングが大変だろうなあと見ていたら
意外とそちらは早く決着。やるもんです、エンジニアさん。

しかし、今回は人生初の、5人同時録音。

ヘッドホンでそれぞれ欲しい音を聴きながらレコーディングは行うものですが
各楽器の奏者によって、聴きたい音はそれぞれ違うわけで。
さらに音量のバランス次第でリズムの感じ方も微妙に変化してしまうんですね。
達人ともなるとある程度は自分の感覚の中で調整してしまうのですが
これがなかなか。
音量を調整するツマミは4つ(+「全員の音」ツマミ。)
演奏する人数だけでも5人。
まあ単純に、相部屋状態で音はなるわけです。

カクテルパーティー効果という、80年代を象徴するような名称ですが(?)
人間の耳はターゲット音とそれ以外を区別する機能がありまして、
でもヘッドホンからは平面的な音しか出ないので機能が不十分。
あとは個々人の適応能力次第、ということなんでしょうね。
このへんはさらに経験をつまなきゃな。

まあそんなこともありますが、
プロデューサーからの指示に従い一所懸命がんばりつつ
少しずつフレーズやリズムに修正を加えて
だんだんとまとまりを作っていくことができました。
リズムの修正についてはスポットで狙うことはできたけど
どっかで抜けが生じるのは、まだまだドラムパートを聴けてないからかな。
あとはタイム感の微調整をがんばる。
チューニングの可変域と安定性を高めるって感じかな。

あとはコードの印象を残しつつ、調性の中で遊ぶ。
駆け上がりパターンとはちがったストリングス的なもの?
あるいはカウンターパートと呼ばれるものなのか。
とにかくおべんきょ。

反省点は例によって多いけれども、
以前よりタッチを整えることができたのは日々の修行の成果。
結果として音色をうまく作ることができたような。
トラックダウンされた音がどうなってるか楽しみ。
今後はダイナミクスをつけつつ、それでも音色を維持するように。

んで、今回の作業の感触を残しつつライブに向かうのはいい流れ。
9/15(月・祝)に下北沢garageにて19:20頃に出演しますよ。
今回レコーディングした曲を含めて演奏するから
なかなか更に充実した内容となる見込み。
ぜひ遊びにきてください。

と、こんだけ書いてみて写真を一枚も載せられないのが残念。
手が空いたときに撮っておけばよかったな〜。
足もととか、アンプ周りとかおもしろかったのに。

仕方がないから、代わりに最近お気に入りの健康食品。

img196.jpg

間違った。こっち。

img197.jpg

これで喉の調子を整えつつ、自然治癒に励みますよ。

posted by イニ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 楽団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

覚え書き(ほんと自分用)

宮前にいってきたよ。
行きはのぼりでしんどかったけど、帰りは以外と楽だった。
(しかし駅まで遠い)


・Polytoneのアンプが凄く良くてびっくりした。
 話には聞いていたけど、ベースに良し、ギターに良し。
 ボリュームは9時。bassが確か10〜11時。

・I remember you(SKID ROWではない)のキーはFで練習(リアルブック)
 #IVm7-IIV7の部分はIIV7 HMP5↓?
 マイナーII-Vみたいに考える(青本)とLydなのだが...
 リメンバー系は最近頻度高し

・AIREGINをさらっとく

・6〜7フレットでの小指に注意

・キーの移り変わり→うまくコードを感じるソロを
(ベースソロは2回し以降無伴奏だったり)
 そして音数を少なく

・ウォーキングのバリエーションを改めて考える(採譜)

・バラード→アップテンポの際のコードのはしょり方
(今回やらなかったけど)

・セッションでやらなかった青本の曲をどんどんさらおう


なんて自分専用。
posted by イニ at 23:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

反省おぼえがき(自分用)

某セッションに参加。(みなさんお疲れ様でした!)
以下、自分のための課題覚え書き。

・ケンさんのフラット弦を張ってから
 高音弦のミドルポジションで右手のタッチが強すぎ、
 低音弦のローポジションで左手の押弦タイミングが遅れるようになった
 また1指押弦状態でロー方向へのポジション移動が難しくなった
 (押弦、撥弦の力のバランスを整える)

・グレイトなホーンプレイヤーから聞いた話を反芻
(ホーンセクションの方向性と役割分担)

・talkin' loudのリズムパターンを再確認
(フリーな感じを与えつつホーンセクションに絡むようなタイトさを)

・鍵盤は右手でのコード練習も始める

・分数コードをギター/鍵盤で弾いて響きを覚える

・なんだかんだでエレベの地道なクロマチック運指練習をみっちりやる


セッションの場で音楽的に初対面の状態に追い込むことで
前よりも周りの音を聴けるようになってきた。
ちょっとだけオトナのヨユウ、
でもまだまだだなぁ俺。
posted by イニ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

鍛えてます

img178.jpg

体じゃなくて、音楽用の脳みそを。
(そういえば巷ではラジオ体操が流行ってるとか?)


某フリーソウルセッションで担当することにした曲が計8曲。

さすがに譜面見て弾きます。
でも譜面見てたら運指が間に合わない曲もあります。

セッション本番は明日。
ちなみに曲をさらいはじめたのは4日前。


おーいえ。
いい感じに自分を追いつめてるぞ〜。


※こんな感じでジャズの曲もしっかりやってたら(たかだか32小節くらい)
 今頃はかなりの数をこなせるようになってるはず、
 というのは僕と君だけの秘密だ。
posted by イニ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あからさまにフィルター

しょんぼりな事実。

おととい書いた日記が某ミクショイに反映されてない…。
チベット関連の内容だから?

あいやいや。
posted by イニ at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

偽善とか便乗とか無関心とか迎合とか。

珍しく、記事の引用など。
あのスティングがひげもじゃになっててびっくり。

(そのスティングは、世間一般では「歌手」なのね…。
 ベース弾いてる写真だけど…ギターだと思われてたりとか
 …もういいよ。雨


スティングら有名歌手によるチベット支持アルバム、北京五輪直前に発売

http://www.afpbb.com/article/entertainment/music/2421485/3158698


一連の騒動から、
プラカードがろうそくに変わった意味を深く考えるようになった。
前より深く考えるようになった。
posted by イニ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

ピアノ三昧、ギター少々。

仙台〜横浜にわたって、
この連休は現役ピアニストぴかぴか(新しい)の付き人というか追っかけというか、
とにかくピアノを聴きまくったような気のする3日間だった。
(正確には2日めが移動日だったけど)
うん、書いてて思ったけどこれはプチツアーだった。


んで、仙台では現役ピアニストの旧知の友人の皆様が
その現役ピ(略)あせあせ(飛び散る汗)のクラシック演奏を聴くのが初めてだったり。

思い返せばひらめき、現役(略)も
僕がウッドを演奏するところしか知らないと言うレアな経緯があった。

(今は両方弾いているからそうでもないけど、
 仙台にいた頃はエレベしか弾いておらず、
 逆に上京後しばらくはウッドでしかライブがない時代があった)眠い(睡眠)


あんまり身内がどうこう書くのもへんちくりんなので割愛するけど
今回の現ピ(略)の演奏する姿を見て、
同じ悩むにしても(我々はミュージシャンの中でも悩む人種なんです)
感じる問題点と言うか目指すべき到達点が昔より先のほうにあるなあと、
吹っ切れたというか、(上から目線になるけど)成長してはるなあと感じた。


僕自身の演奏時の映像とかみると、なんだかなあと思うからよけいに。たらーっ(汗)
手元のあたりで精いっぱいじゃんかよ〜と。


7/13のサポートではそんな手元で頑張ってる感じが抜けなかったけど、
現在進行中の「オトナのヨユウ」計画は進行していて
ピアノやギターで曲を捉え直そうとか、
採譜など最初の段階でコード楽器を触ろうとかしてます。

これによって、自分に取り込む情報量を大きくしようと。
その分、ベースプレイにしぼった時に楽になるのでないか、と。晴れ

現在さわっているのはStevie WonderのGolden Ladyという曲。
ゴリゴリと転調したり、セクション内で借用和音があったりというのは
事前に予想できてたけど、コード楽器を中心に音をたどってみると

「これはV7ではなくてIIm7onVでないか?」とか
「ここはテンションで書くべきか、分数コードで書くべきか?」とか、
果ては「隣同士の2音しか弾いてないですけど…」
くらいの部分もあったり。

こういうときはメロディーとベースで挟み込んでコードを判別するけれど
それでもコードの正確な表記(というか何の音をコードとして鳴らすか)
には、いわゆる内声の聞き取りが必要。
ベースだけとって、想像でコードネームを書いてちゃ駄目だな。
(WEB上に出回ってるリードシートは
 得てして後者の方=なんとな〜く判断したものだった)

がんじがらめになるのはよくないかもしれないけど、
このへんがアレンジのかっこよさ/ダサさを分けるところだからね〜。
しっかり作/編曲者のセンスを吸収しないと。


ちなみに現在のところ、
採譜するときはギター/通して弾くときはピアノ
というように目的によって楽器を切り替えてる。
なんというか、説明すると長くなるけど
その方が楽なんで。ダッシュ(走り出すさま)
(ギターだとコードフォームの切り替えが難しく
 一方でピアノではまだ音を探れないということか?)
posted by イニ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

ここんところsoul。

今日というか昨日はサポートでエレベを演奏。
(みなさまお疲れ様でした&ありがとうございました)ビール
ここんところソウルとかR&Bづいてます。


というより原点のはずなんだけどね。
そのへんのジャンルは。


ライブ前ということで(あるいはライブ直前「なのに」)
思い立ってこれまでと違う弦を買ってみましたよ。
(これはお好み焼きパーティー前日に
 ソースをオタフクからブルドッグに変えるくらい重大exclamation

最近はレコーディングとか、セッションとかサポートとか、
総合的に考えてラウンド弦でギラギラさせる必要が皆無。
(極端なところだとアタック感不要な現場までありそうだし。)
ということで、
これまで2か月ほどR.Coccoさんのニッケルラウンド弦を使ってましたが、
これからしばらくはKen Smithさんのフラット弦を張ってみますよ。

今回のライブで実際に使ってみたところでは
かなり気持ちのいい音になったので
多分ギラギラの音が求められない限りはこのままかな。
(What's going onを演奏したときには、自分のサウンドが気に入ったのと
 メンツに恵まれたのとで、楽しい時間を過ごせましたよぴかぴか(新しい)


そう、原点ひらめき
Marvin GayeのWhat's going onのベースの音がわたくしの原点、のはず。
だからフェンダータイプのパッシブベースでフラット弦を張って、
という楽器は、たしかに弾いてて落ち着くはずだわな。
("What's〜で使われてるのはプレベだけど。僕の楽器はジャズべタイプ。)
いままでは組んでいたバンドに合わせていろいろやってたけど
イメージと違うサウンドを指先でなんとか調整しながら弾いていたりして
結果としてストレスが溜まったりしてたのかな。


今は自由なんだから、自分がいいと思う音をだそうっと。
そのほうが聴いている人も、
僕の音をいいと思ってくれるかもしれない。
もしかしたら。眠い(睡眠)
posted by イニ at 01:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。