2008年01月24日

昨日もライブでした。


前日の予報通り…

レッスンの仕事があるため、昼間に都内某所へ向かいましたが
横浜よりもずっと強く多く降ってましたよ、



カヾ
 。

今年の初雪。
このあと、忘れた頃の11月くらいに雪が降っても、
うっかり「あ、初雪だ!」なんて言っちゃいけないと
心に誓いました。

と、寒い思いをしつつ電車でどんぶらこ。
毎月第四水曜日は川崎ライブ。
今回はこんな天気なので、ウッドを運ぶのは断念。
(雪・雨対策もさることながら、電車の運行状況だったり、
 なにより人の動きが普段と変わるのが恐いんです。)
エレべ一本で臨みました。

編成はGt,Ba,Dr+Saxという小編成のため、
テーマ〜アドリブ〜テーマの流れの中でダイナミクスが嫌でもつく。
三角形の板を4人で担いでいるような状態ですね。
一方で、バラードのアタマなどで最小音を出したい時には
リズムはハリがありつつ音量を極めて抑えた音を出さないと…
と、これはこれで神経を使います。

あとはベースソロでもしばしばノンコード、ノーリズム(!)のまま
アドリブが続く場合があるので、
聴いている人がリズム、コードを想像しやすいようなフレーズを
心掛けないといけなかったり。

いや、今もまだ時々自分自身が迷子になったりはするわけですが。一瞬。
【覚え書き】課題は以下の3点。

・トーナリティーをしっかり意識(コードごとでなく)
・メロディックマイナーを積極的に使う(成り行きでなく)
・ペンタトニックスケールでコードに「乗る」音をつかむ

ベースを弾いているとその都度出てくるコードに沿って
「あ、この2拍分はこのスケールが使える」と考えてしまいがちですが
(だからベーシストはワンコードでのソロが大好き?)
管楽器奏者が言う「一発モノ」の感覚、
またその中でセブンスコードがところどころ出てきた時に
ドミナント化で調整を受けた音をうまく拾える力を身に付けたいですね。
(と悠長に構えているヒマはないのですが)

ちなみに先日のわどなんどが自作曲メインなのに対して
こちら川崎でのBottoms Upバンドはいわゆるスタンダード。
時にHerbie Hancock系のファンクだったり、Chick CoreaのSpainだったり…

ジャムセッションに足を運ぶと、バッブやボサだけでなく
フュージョンやファンクも「これ出来る?」「OK、やろうぜ」という感じで
初対面のプレイヤー同士が簡単な打ち合わせだけで出来る曲が多く
その意味では「スタンダード化してるな〜」と思いますね。

今回は飛び入り参加はなかったのですが、
新しめの曲でジャムれるとなかなか盛り上がりますね。


と、月半ばのジャズ勉期間を経て、
月末〜月初は再び「アシッドジャズ」計画のためデモ作りに励まなきゃ。

(写真は都内某所)


posted by イニ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

タイムリープ!

そういえば昔ブログ書いてたな〜と思って見てみたら 最後に書いた記事が2006年5月っ? 今は2008年1月、ですよね…。 あ、いや〜ま〜あれだ。 せっかく立ち上げたんだから、また改めてぐだぐだ書くべ! と思って再開しました。 最近ミクショイに依存し過ぎだし、ね。
posted by イニ at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。